コープの霊園・墓石情報 コプセ茨城 ~茨城県~  コープのお葬式 コプセ茨城

お墓作りの流れ

安心です、コプセのお墓作り

1.情報収集

霊園を調べる

墓地は交通の便や距離などを考慮して、お墓参りに行きやすい場所を選びたいものです。まずは、お近くに霊園・墓所があるか探して見ましょう。

問い合わせる

関心のある霊園・墓所が見つかったら、気軽に問い合わせてみましょう。

霊園の分類

公営霊園
自治体が運営・管理しています。応募資格として焼骨がある方に限られ、生前から申し込むことはできません。
公平を期すため、抽選になったり・墓石の大きさなどが制限されますが、石材店の指定はなく、どの石材店でも施工できます。
民営霊園
資格等の制限はなく環境が良い反面、その分価格に反映されています。
また、石材店の指定がある場合が多く、霊園指定業者さんに墓石工事も依頼せざるを得ません。
墓地契約の際はこの点も考慮し、比較検討されると良いでしょう。
寺院墓地
いわゆる寺付きの墓地です。懇ろな供養が期待でき、管理が行き届いている反面、檀家としての務めを果たす必要があります。
石材店の指定がある場合もあります。指定がない場合でも、墓地工事の際「お水代」としていくらか寺院へお納めいただく場合もあるようです。
一般墓地イメージ画像

墓地の形態

一般墓地
従来型の墓地、外柵によって区画を囲い、墓石を建立します。墓石については従来型の和型墓石だけでなく洋型墓石を建立される方も増えています。
芝生墓地イメージ画像
芝生墓地
区画を外柵で囲わず、墓石の間は芝生を植えてある墓地です。墓石については、カロート(納骨室)の上に洋型墓石を建立します。

TOPに戻る

2.現地見学

霊園を見学します。交通の便や緑はあるか、日当たり、雨天時の水はけなど環境面、水道等の施設設備は整っているか、管理体制はしっかりしているか などを確認しておきます。また、車での交通の便だけでなく、先々車を使わなくなった場合の事も想定し、公的交通機関の便についても確認しておくと良いで しょう。
そして、必ず使用規定(宗教宗派の規定・使用権の譲渡と取消などの規定、指定石材店の有無など)を確認しましょう。

TOPに戻る

3.検討

ご家族、ご親戚と墓所等を確認の上、じっくりとご検討ください。

TOPに戻る

4.墓地契約

墓地使用料振込

墓所が決定したら、墓地使用料を振り込み、必要書類を提出します。

使用権取得

墓所の使用料、管理料の入金と、必要書類が確認されると晴れて墓所が使えるようになります。

永代使用料
墓地を永代に使用する権利を得るために契約時に永代使用料を納めます。 皆さん墓地を購入するとの感覚ですが、一般の土地取引と異なり、所有権が得られる訳ではありません。永代に使用する権利が得られると言う事になります。
そ のため、継承者が受け継いでいく事はできますが、第三者へ転売することはできません。例えば、引越して遠方になったため、別の場所へ墓地を移された場合に は、空いた墓地は更地にして返還しなければならず、第三者へ転売することはできません。
またこの場合でも永代使用料は返還されません。
管理費
管理費は霊園を維持管理していく費用を毎年納めるものです。集合住宅の共益費といった趣旨のものと言えます。

TOPに戻る

5.墓石工事契約

1. 墓石工事契約

墓所が決まったら、次はお墓を建てます。まず、墓石の種類や形、お墓に刻む文字を決めます。契約時に工事代金の一部を手付金として支払い、残金は工事完了後にお支払い頂きます。分割払いご希望の方はローン契約を締結して頂きます。

2. お墓の完成

墓石工事が終了したら、現地をご確認いただき、完成引渡しとなります。
※石材店とは、納骨時のカロート(納骨室)の開閉や目地止め、墓誌への字彫りなど、先々までのお付き合いになります。
  建てたら終わりではなく、この点もきちんと対応して頂けるか確認するとよろしいでしょう。

TOPに戻る

6.費用について

契約・施工時支払い金額
永代使用料+墓石工事費
 〔墓石工事費内訳〕
 石塔・外柵・石灯篭・カロート基礎・積立工事費・字彫り・彫刻など
毎年発生金額
 管理費
墓地の形態と費用の比較
一般墓地の場合・・・建立費用として墓石のほかに外柵費用が加わります。
芝生墓地の場合・・・外柵費用が必要ないため、一般墓地より費用が掛かりません。
工事金額について
墓石については、石の種類・産地によって色合いも異なりますし、デザインによって金額も異なります。 外柵については、区画の広さ・石の種類・塔婆立てや石灯篭などの有無やデザインによっても異なります。また、カロート(納骨室)が既設されているか否かによっても異なります。
お墓の構造
外柵 墓誌 和型 洋型
お墓の構造外柵イメージ画像 墓誌イメージ画像 和型イメージ画像 洋型イメージ画像

TOPに戻る

7.お墓を建てる時期

お墓を建てる時期について、特別の決まりはありません。
ただ、仏式ですと開眼供養が必要となりますので、四十九日・百か日・一周忌・三回忌などの法事や彼岸・お盆などに合わせてつくるようにするとよいでしょう。
お墓は、まず墓地を見つけ、次に墓石を注文して、という具合に時間もかかります。墓石の設置には1~2ヶ月ほどの期間を見て頂いた方がよいでしょう。
故に、亡くなられてから霊園をお探しになる方の場合は、無理に四十九日に納骨されるよりは、きちんと比較検討され霊園をお決め頂き、その後の区切りの法要などに合わせてご納骨された方がよろしいかと思います。

TOPに戻る

前のページに戻る

コープデリグループ

葬儀・寝台自動車受付 年中無休24時間 フリーダイヤル 0120-93-3115
(ご相談受付 9:00~18:00)
© 2006 ~ 株式会社コープサービス コプセ